TAKAKO LISA
よくあるご質問

 

 

Q.日本人でもウィーンの宮殿で挙式を挙げられますか?

はい、もちろん可能です!ほぼすべての宮殿での挙式が可能となっています。

 

 

Q.日本語しか話せませんが、大丈夫ですか?

もちろん、大丈夫です。最初から式当日まで、バイリンガルのウェディングプランナーが全てをサポートして参りますので、ご安心ください。

 

 

Q.いつ頃申し込めばいいですか?

挙式の1年前から2か月前までにお申し込みください。2か月を過ぎてのお申し込みも可能ですが、宮殿・式場の都合により、手配が難しくなる可能性もございます。

 

フォトウェディングに関しましては、1か月前までにお申し込みください。お問い合わせは、なるべく2ヶ月前までにお願いいたします。

 

 

Q.ウィーンで人気の挙式月やシーズンはいつですか?

 

ウィーンでの挙式月として、圧倒的に人気なのが「6月」です。いわゆる、ジューンブライド(June Bride)です。6月の天候は晴天が多く、真夏のように暑い時もありますが、ウィーンには梅雨がなく、湿度が低いため、カラッとしているのが特徴です。そのため、現地の新郎新婦の多くが6月に結婚式を行います。

その他にも、5月、7月、8月、9月、といずれも暖かい時期が好まれますが、クリスマス前の12月も人気の月のひとつです。

 

 

Q.挙式後のウェディングパーティーやディナーも手配できますか?

 

はい。特に参列者の方がいらっしゃる場合は、挙式後にカクテルスタイルの立食パーティーや、夜にディナーを行い、皆で夫婦となったお二人を囲んで、ウィーンのお料理を楽しんで頂けたらと思います。

立食パーティーは、挙式を行うロケーションと同じ会場内で行うことが多く、ディナーは別会場を使用することが多いですが、宮殿によってはそのまま立食パーティーとディナーを行うこともできます。

 

 

Q.婚姻届けはいつ出したらいいですか?

 

ウィーンでの挙式を、法的に有効なもの、または、法的に有効ではないものにしたいかによります。

 

お二人が日本でも未入籍であることが前提となりますが、ウィーンで法的に有効なリーガルウェディングを行った場合、ウィーンでの婚姻記録を日本の戸籍に記載することができます。(リーガルウェディングのお申し込みのためには、書類のドイツ語への翻訳等も含め、日本で事前に済ませなければならない必要な手続きがあります。)

 

尚、法的に効力がないウェディングとしては、ブレッシング・ウェディングウェディング・セレモニーのどちらかをお勧めしております。

 

いずれも入籍後のお二人が対象ですが、ブレッシング・ウェディングはキリスト教式、ウェディング・セレモニーは人前式を意味します。

 

 

Q.日本から何を持っていけばいいですか?

 

挙式のためには、基本的に下記のアイテムをご持参頂くこととなります。

 ・マリッジリング(結婚指輪)

 ・アクセサリー

 ・お衣装*(ウエディングドレス、タキシード一式)

お衣装、小物、下着類、アクセサリー、お靴は、可能な限り機内持ち込みにしてください。

尚、参列者がいる挙式の場合、上記に加えて、参列者へのプチギフトや、場合によっては、ディナー用のメニューカードをご持参頂くことも考えられます。もちろん、プチギフトについては、ご相談の上、此方でご用意することも可能です。

 

その他には、パスポート、クレジットカード、現金は必需品になりますが、万が一に備えて、海外旅行保険に加入することをお勧め致します。また、電源変換プラグ、常備薬や海外用SIMカード等もあると便利です。

 

 

Q.挙式の流れはどうなっていますか?

 

一般的にはこのような流れになっています。

  1. 新郎新婦 入場

  2. 司祭・司会者による挨拶

  3. 婚礼の儀式

  4. 指輪の交換

  5. 誓いのキス

  6. 司祭・司会者による祝福の辞

  7. 新郎新婦の退場

 

 

Q.ヘアメイクはどうすればいいですか?

 

プロのウェディング・ヘアメイクスタイリストを手配させて頂くことができます。その場合、ご自身のイメージするメイクやヘアスタイルの写真などを、事前にお送り頂くことをお勧めいたします。メイクに関しては、基本的にはヘアメイクスタイリストが用意しますが、こだわりたいブランド・お色などがありましたら、ご持参ください。また、敏感肌の方は、ご自身にあったお化粧品をご持参頂くことをお勧めいたします。

 

ご予算にもよりますが、フォトウェディング・挙式日前のヘアメイクリハーサル付きプランも大変人気となっております。リハーサルでは、2つから3つほどのヘアスタイルをお試し頂くことができますし、メイクに関しましても、美容師とじっくり相談しながら進めることができます。

 

 

Q.衣装は現地でレンタルできますか?

 

なるべく日本からお持ちになられることをお勧めしておりますが、現地での衣装レンタルをご希望される方には、ウェディングドレスサロンをご紹介いたします。ただし、ドレスはヨーロッパサイズ36から、タキシードはヨーロッパサイズ44からのお取り揃えとなりますので、ご注意ください。