TAKAKO LISA

最新情報

TAKAKO LISA

 

 

オーストリアの現状  UPDATE - April 29th

 
オーストリア現状200429.jpg

 

 

いよいよオーストリア・ウィーンの外出制限が緩和されます。

 

 

【感染者数の推移】

外出制限の効果によって、オーストリアの状況は、引き続きとても落ち着いております。

グラフ200429.png

 

 

これは、4月29日現在の日ごとの新規感染者数の統計です。外出制限から10日後の3月26日以降、減少に転じており、1ヶ月後の4月16日以降は連続して100名を切っております。

状況の好転を受けて、規制が段階的に緩和されています。その一部をご紹介します。

【市民の外出】

・5月1日から、市民の外出制限が緩和され、親戚や親しい友人との集まりが可能になります。

【イベント】

・5月1日より、10人までの集会ができるようになります。

・結婚式に関しては、10人以下の参加者という条件で開催できます。

・大規模なイベントは、8月末まで禁止となりました。

【旅行】

・宿泊施設(ホテル・ペンションなど)が5月29日から再開されます。

・旅行に関しては、EU内の移動は、現在関係各国と協議中とされています。

・EU域外との人の行き来に関してはまだ未定のようです。

【飲食店】

・5月中旬からレストランなどが再開します。1テーブルに大人4人まで、予約必須、マスク着用などのルールが適用されるようです。

【美術館】

・5月中旬から美術館が再開します。ただし、連邦美術館は7月1日からの営業再開になります。連邦美術館には、美術史美術館、自然史博物館、ベルヴェデーレ宮殿の美術館、国立図書館のプルンクザール、アルベルティーナ美術館が含まれます。

【商店】

・4月14日から小規模の商店やホームセンターなどの営業が再開されました。

・5月1日からは、すべての商店が営業を再開します。ただし、消毒やマスク着用などのルールがあります。

【公園】

・4月14日より、連邦公園の立ち入り禁止が解除されました。連邦公園には、シェーンブルン宮殿の庭園、ベルヴェデーレ宮殿の庭園、アウガルテンの庭園、フォルクス庭園、ブルク庭園が含まれます。

 

 

オーストリアの現状  UPDATE 200423

 
オーストリア現状200423.png

 

 

前回の記事から1週間が経ち、オーストリア・ウィーンの現状は、さらに好ましい状況になっております。

 

【いままでの経過】

3月11日には、1日の新規感染者数が100名をはじめて越え、3月26日には、1日の新規感染者数が966名となり、4月1日には感染者数が通算で1万名をこえました。

 

この状況に対し、3月16日より、食料品、日常品、医薬品の販売店以外の商業施設は原則として営業を禁止され、市民の外出も生活必需品の買い出し以外は基本的に禁止されました。

 

 

【感染者数の推移】

外出制限から1ヶ月以上が経ち、その効果はさらに目に見えて現れています。下のグラフをご覧ください。

グラフ200423.png

 

 

これは、4月23日現在の日ごとの新規感染者数の統計です。外出制限から10日後の3月26日以降、減少に転じており、1ヶ月後の4月16日以降は100名を切っており、状況はかなり好転しております。

 

 

【段階的な規制緩和】

状況の好転を受けて、規制が段階的に緩和されています。その一部をご紹介します。

 

・4月14日より、連邦公園の立ち入り禁止が解除されました。連邦公園には、シェーンブルン宮殿の庭園、ベルヴェデーレ宮殿の庭園、アウガルテンの庭園、フォルクス庭園、ブルク庭園が含まれます。

 

・4月14日から小規模の商店やホームセンターなどの営業が再開されました。5月1日からは、すべての商店が営業を再開します。ただし、消毒やマスク着用などのルールがあります。

 

・5月1日から、市民の外出制限が緩和され、親戚や親しい友人との集まりが可能になるようですが、詳細はこれからです。

 

・5月中旬からレストランなどが再開します。こちらも、マスク着用などのルールが適用されるようです。

 

・5月中旬から美術館が再開します。ただし、連邦美術館は7月1日からの営業再開になります。連邦美術館には、美術史美術館、自然史博物館、ベルヴェデーレ宮殿の美術館、国立図書館のプルンクザール、アルベルティーナ美術館が含まれます。

 

 

【イベント】

・結婚式に関しては、10人以下の参加者という条件で開催できます。

 

・大規模なイベントは、8月末まで禁止となりました。

 

 

【旅行】

・旅行に関しては、EU内の移動は、現在関係各国と協議中とされています。

 

・EU域外との人の行き来に関してはまだ未定のようです。

 

 

引き続き、アップデートしていきたいと思います。

 

オーストリアの現状 200415

 
最新情報.jpg

 

 

チロル州を中心に、オーストリア国内でも、新型コロナウィルス(COVID19)の感染が急増しておりました。この状況に政府はきわめて迅速に対応し、外出制限の措置を取りました。その結果、現状は大変好ましい状況になっております。

 

【いままでの経過】

3月11日には、国内の新規感染者数が100名をはじめて越え、3月26日は、新規感染者数が966名となり、4月1日には感染者数が通算で1万名をこえました。

 

一方、3月16日より、食料品、日常品、医薬品の販売店以外の商業施設は原則として営業を禁止され、市民の外出も生活必需品の買い出し以外は基本的に禁止されました。もちろん、罰則とともに保証が用意されています。

 

【現状】

いま、その効果が目に見えて現れてきています。下のグラフをご覧ください。

新規感染者数.png

 

 

これは、新規感染者数の統計です。外出制限から10日後の3月26日以降、減少に転じていることがわかります。さらに、4月4日からは、日ごとの新規快復者が新規感染者数を上回っており、状況は好転しております。

 

【今後の見通し】

市民の外出制限は、4月末日までとなっており、まだ解除されておりませんが、小規模の商店やホームセンターなどの営業は、4月14日から段階的に解除されてきております。

 

段階的な解除の具体的なステップは、情勢を踏まえた上で、徐々に示されていくようです。弊社も含めたイベント業界に関しては、今後の見通しはまだ発表されておりませんので、わかり次第、またお伝えできればと思っております。